思春期にできやすいニキビ跡やクレーター|進化を遂げた最新治療

女の人

シワやたるみの改善効果も

スマイル

医師の腕前で効果も変わる

表情ジワを改善したり、ほうれい線を消したりと様々な美容整形施術に使われているのがボトックスです。施術時間も短く、費用も安めなためプチ整形でもよく使われていますが、ボトックスは効果がある程度の期間しか続かないため施術前に覚えておく必要があります。注入部位や医師の腕前、個人差などに影響されますが、一般的に数ヶ月から2年程度がボトックスの効果が持続する限度です。これは注入したボトックスが、徐々に体外に流れ出ていくためで、効果を持続させるには再注入が必要です。また前述のように医師の腕前が未熟だと、持続する効果がさらに短くなる恐れがあります。そのためボトックス注入は、技術的にも熟練した医師の元で施術を受けるのが理想的です。

認定医の元で施術を受ける

毒性を薄めたボツリヌス菌を使用するボトックス注射は、筋肉に注入する施術です。美容整形ではシワ取り、たるみ取りなどで幅広く用いられている術式として知られています。施術の仕組み自体は単純ですが、それゆえに筋肉や脂肪のつき方を知り尽くし、注入する量を微細に調整する技術がないと失敗します。このため患者側は良い施術を受けるためには、ボトックスに熟練した医師の元で受診する必要があります。ボトックスに熟練した医師を探すためには、ボトックスの認定医かどうかを確認することが可能です。この認定医制度は販売元の会社が定めている制度で、研修などに参加し、一定の技術を持つ医師のみが認定を受けます。そのためボトックスの認定医は施術に必要な技術や知識を持っているかどうかの判断材料になってくれます。